1. >
  2. >
  3. 再建築不可物件を購入しても大丈夫でしょうか?

再建築不可物件を購入しても大丈夫でしょうか?

アパート

Q.安いので、再建築不可物件が気になっています

こんにちは。再建築不可物件について質問です。物件の購入を検討していて、不動産屋さんに相談したところ、再建築不可物件をおすすめしてくれました。

私自身、当初は物件の名前の印象が強すぎて購入を考えていなかったのですが、価格をみたら結構安くて今は再建築不可物件が気になっています。特徴について詳しくはないので色々と教えてください。お願いします!

A.意外と使える物件です

不動産屋さんから、再建築不可物件の特徴を少なからず教えてもらったと思います。再建築不可物件は、名前の通りその物件では建物を建築できません。物件が建てられないため、基本的に資産価値も低く評価されます。一方で、使い道は結構沢山あるので、うまく活用すれば、物件を安く購入して大きな利益を得る…なんてこともできるでしょう。

活用方法としては、既に建てられている物件に住むことはもちろん、住まいを探している人に貸し出して収益化も狙ったりセカンドハウスとして利用したりもできます。色々な目的に使える物件ですが、一度倒壊してしまうと建築できないは大きなデメリットですよね。ですが、やろうと思えば再建築可能にもできるんですよ。

そもそも、どうして再建築できないかというと、法律では道路と敷地面積が一定以上隣接していないといけない規定があります。建築基準法が施工された当初から条件に満たしていない物件は数多く存在していたので、条件に満たしていない物件を再建築不可物件ですよと分類しました。

つまり、法律で求められている条件をクリアさえすれば、再び建築できる物件なんですよ。活用次第で良く悪くもできますよ。

A.その物件のメリットデメリットを比較しましょう

再建築不可物件とはいってもどこに立地しているか、敷地面積の大きさ、物件の状態によって使い道も変わってきます。

例えば、築年数の古いアパートが建てられていた場合、老朽化に伴い耐久性も著しく低下しているでしょう。物件自体を活用する目的購入した場合、ちょっとした揺れに耐えられない可能性も考えられます。もちろん、改装工事は一定の範囲でなら認められているので、可能ですが、その分の費用がかかることも考える必要があります。

また、再建築不可物件は住宅ローンの審査に通りにくいです。住宅ローンを組める可能性も低いので、もし再建築不可物件を売ることになっても売却先がみつからないことも。ですので、安易に購入に踏み切るのは得策ではありません。まずは、その物件の状態を確認し使用目的を決めましょう。その上でメリットデメリットを比較しておくほうが良いですよ。

購入後に扱いが難しいと感じたら、再建築不可物件を専門に扱っている業者さんもいるのでそこへ相談しましょう。きっと良いアドバイスがもらえるはずですよ。