1. >
  2. >
  3. つい衝動買いをしてしまいます。もう辞めなきゃと思っているのですが…

つい衝動買いをしてしまいます。もう辞めなきゃと思っているのですが…

衝動買いをなくすためにできることを知りたい

私はすぐに衝動買いをしてしまいます。
たとえば、買い物ついでに、セール品の服を買ってしまう、ちょっと見ようと思って寄った雑貨屋さんで、特に使わないようなコーヒーカップを買ってしまうという感じです。
こういうことをやめたいのですが、どうした良いでしょうか。
近々、結婚するので、この癖を直したいです。

ルールを決める

衝動買いをなくすためのルールを決めてみては、どうでしょうか。
どんなルールでもよいのですが、ここにご紹介するものを考えてみて下さい。
ルールがあれば、本当にその商品はほしいものか考えることができます。
それによって、出費を抑えられるのです。

一週間待つ

一週間だけ、そのものがほしいかどうか考えられます。
一週間でなくてもいいのです。
10日でも、2週間でもよいでしょう。
ちょっとだけ買うのを控えて考えると、そのものの価値がわかり、やっぱり買うのをやめるという気持ちになるかもしれません。

また、この商品が値下がりして、〇円になったら買うということにしてもよいでしょう。
逆にその値段にならなかったら、きっぱりやめるということにするのです。

衝動買いしたら貯金

衝動買いしたら、その商品の代金を貯金する、または半額を貯金するというルールはいかがでしょうか。
半額でもきついと思ったら、10%でもよいのです。
このようにすると、無駄遣いしても、お金がたまります。
それに、これを買ったら、貯金と思ったら、やっぱりやめようという気持ちになるかもしれません。

特に、あなたはご結婚を控えているのであれば、こういったルールがよいかもしれません。
結婚は何かと、お金がかかるものですし、結婚後も生活のためにお金が必要です。

衝動買いのための予算をつくる

衝動買いは絶対にいけないということは、ないです。
毎日、一生懸命働いたご褒美として、衝動買いを考えるのは悪いことではありません。

ただ、お金を使いすぎてしまうことがいけないのです。
それを防ぐために、○○円までの衝動買いを許容します。
このお金は、いくらでもよいのですが、暮らしていくのに、困らない程度に考えましょう。

たとえば、お給料の10%とか5%くらいでいかがでしょうか。
とはいいましても、人によっても感覚が違います。
その月の収入やカード払いの額によって、変えるというのでもよいのです。
そのようにして、騒動買いと向き合うことで、だんだん何が必要で、何が無駄なものなのか、よくわかるようになります。

ご結婚するのであれば、なおさらです。
お相手の方とも、生活に必要なお金について、話し合ってみるとお金の大切さが良くわかります。
お金をうまく使って、お幸せになってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です